黄金の私の人生 若い世代から年配の世代まで幅広く楽しめるドラマ

投稿者: | 4月 13, 2019

財閥ヘソングループの副会長夫婦の長女が行方不明になり、その長女が28歳になってから発見されます。
行方不明になっていた長女を育てたのは、ソ・テスとヤン・ミジョン夫妻で、ヤン・ミジョンの元に長女を求めヘソン副会長夫人ノ・ミョンヒがやって来ます。

そこで、ヤン・ミジョンは2人いる娘の内ソ・ジアンを行方不明になった長女と偽り、その事がきっかけで色々な問題が発生します。
しばらくするとソ・ジアンは、自分がヘソン副会長夫婦の長女ではないことに気づき、ヘソン副会長夫婦の長男チェ・ドギョンに真実を打ち明けます。

真実を打ち明けたことで、ソ・ジアンの妹ソ・ジスとの関係が悪化して、家族全体の絆も崩壊へと進んでいきます。
その後、ヘソン副会長夫婦の本当の長女ソ・ジスが本当の親元に行き生活を始めますが、すれ違った家族関係が様々な問題を引き起こします。

黄金の私の人生は、それぞれの悩みや夢を細かく描いているので、おすすめポイントが沢山あります。

一つは、チェ・ドギョンとソ・ジアンの関係性についてで、最初は悪い出会いをして次に兄弟になり、兄弟ではないことを知ると恋愛感情を抱き合うようになります。
2人の間には色々な波乱が待ち受けていますが、お互いどのように乗り越えるかが、一つのおすすめポイントです。
また、ソ・ジアンに恋心を寄せているソヌ・ヒョクもこのドラマの見どころで、ソ・ジアンをサポートする描写は感動を誘います。

次のおすすめポイントは、ソ・ジスが働くパン屋の親方カン・ナムグとヒョクの姉ソヌ・ヒとの関係性です。
2人は、若い頃恋愛感情を抱き合っていましたが実らね恋に終わり、長い月日を経て再会します。
再会後、ナムグはヒにアピールを繰り返しますが拒否される状態が続き、ナムグは哀しい思いを堪えながら生活していきます。
『ナムグとソヌ・ヒ』『ソ・ジスとヒョク』の関係は、ちょっと不思議な雰囲気を出しているので、4人から目は離せません。
他にも、ドギョンの妹チェ・ソヒョンとジアンの弟ソ・ジホとの関係性も見逃せないポイントで、ジアンの兄ソ・ジテの味のある演技にも注目です。

黄金の私の人生は、世代ごとの悩みや問題を上手く演出しているので、”財閥ヘソングループの副会長夫婦の長女が行方不明になり、その長女が28歳になってから発見されます。
行方不明になっていた長女を育てたのは、ソ・テスとヤン・ミジョン夫妻で、ヤン・ミジョンの元に長女を求めヘソン副会長夫人ノ・ミョンヒがやって来ます。

そこで、ヤン・ミジョンは2人いる娘の内ソ・ジアンを行方不明になった長女と偽り、その事がきっかけで色々な問題が発生します。
しばらくするとソ・ジアンは、自分がヘソン副会長夫婦の長女ではないことに気づき、ヘソン副会長夫婦の長男チェ・ドギョンに真実を打ち明けます。

真実を打ち明けたことで、ソ・ジアンの妹ソ・ジスとの関係が悪化して、家族全体の絆も崩壊へと進んでいきます。
その後、ヘソン副会長夫婦の本当の長女ソ・ジスが本当の親元に行き生活を始めますが、すれ違った家族関係が様々な問題を引き起こします。

黄金の私の人生は、それぞれの悩みや夢を細かく描いているので、おすすめポイントが沢山あります。

一つは、チェ・ドギョンとソ・ジアンの関係性についてで、最初は悪い出会いをして次に兄弟になり、兄弟ではないことを知ると恋愛感情を抱き合うようになります。
2人の間には色々な波乱が待ち受けていますが、お互いどのように乗り越えるかが、一つのおすすめポイントです。
また、ソ・ジアンに恋心を寄せているソヌ・ヒョクもこのドラマの見どころで、ソ・ジアンをサポートする描写は感動を誘います。

次のおすすめポイントは、ソ・ジスが働くパン屋の親方カン・ナムグとヒョクの姉ソヌ・ヒとの関係性です。
2人は、若い頃恋愛感情を抱き合っていましたが実らね恋に終わり、長い月日を経て再会します。
再会後、ナムグはヒにアピールを繰り返しますが拒否される状態が続き、ナムグは哀しい思いを堪えながら生活していきます。
『ナムグとソヌ・ヒ』『ソ・ジスとヒョク』の関係は、ちょっと不思議な雰囲気を出しているので、4人から目は離せません。
他にも、ドギョンの妹チェ・ソヒョンとジアンの弟ソ・ジホとの関係性も見逃せないポイントで、ジアンの兄ソ・ジテの味のある演技にも注目です。

黄金の私の人生は、世代ごとの悩みや問題を上手く演出しているので、若い世代から年配の世代まで幅広く楽しめるドラマです。
主人公はジアンとドギョンですが、色々な人の悩みをトータル的に演出しているため、シーンに偏りがなく飽きずに楽しめると思います。
ヘソン副会長の長女を入れ替えなければ、良い方向に進んだかも?という目線で見ることもできるので、見る人によって様々な角度からドラマを満喫できます。
また、ジアンの父ソ・テツは全体を通し登場する機会が多く、なんでこんなに登場するのかな?と最初は疑問を感じていましたが、話数が進むに連れてソ・テツの登場が多い理由が分かりました。
そのため、ソ・テツもこのドラマの注目キャラクターです。”

主人公はジアンとドギョンですが、色々な人の悩みをトータル的に演出しているため、シーンに偏りがなく飽きずに楽しめると思います。
ヘソン副会長の長女を入れ替えなければ、良い方向に進んだかも?という目線で見ることもできるので、見る人によって様々な角度からドラマを満喫できます。
また、ジアンの父ソ・テツは全体を通し登場する機会が多く、なんでこんなに登場するのかな?と最初は疑問を感じていましたが、話数が進むに連れてソ・テツの登場が多い理由が分かりました。
そのため、ソ・テツもこのドラマの注目キャラクターです。
同じ様な雰囲気のドラマ愛の温度もとってもほっこりします!